Blog,  シーバス,  ルアー インプレ

コアマンVJの評価・インプレッション

他のジグヘッドワームと比較して、なんでこのルアーだけが、

ここまで釣れるのか良くわからないというのが率直な感想です。

 

いままでワーム系のルアーを好んで使わなかった僕自身も、

VJを使ってからはタックルケースにお守り代わりに何本か忍ばすようになりました。

 

ロストすると必ず買い足す、絶対的信頼をおいているルアーです。

 

シーバスを釣ったことがないという初心者でも魚がいて、キャストさえできれば

必ず魚を引きずりだすことが可能ですので、まずは使ってみることを強くお勧めいたします。

 

■VIBRATIONJIGHEAD ラインナップ

VJ28        ・VJ22        ・VJ16

LENGTH: 113mm    LENGTH: 110mm    LENGTH: 95mm

WEIGHT: 28g      WEIGHT: 22g      WEIGHT: 16g

 

■VJ使用のタイミング

・デイゲーム、ナイトゲームにオールマイティに使用可能

・河川、港湾、サーフ、ボート、こちらもオールマイティに使用可能

 

特にデイゲームでは他のルアーと比較して強烈な威力を発揮します。

 

僕自身は渋い時に、どうしても一本出したいという時にVJ使ってダメなら帰るか移動という時に

使用しますが、パイロット的に使用するルアーとしても最適だと思います。

 

■VJのメリット

・何も考えなくても、レンジだけ合わせればただ巻きだけで食いつきます。

・飛距離が出るので広範囲を探れます。(他のジグヘッドと比べてもNo,1)

 

リフト&フォール、ストップ&ゴーの併用で更に威力を発揮します。

飛距離についてはPE0.8、リーダー3号で無風状態でVJ16をフルキャストして90mほどでした。

※ロッド、リールにもよりますので参考までに

 

■VJのデメリット

・ルアーとしての性能のデメリットは正直見当たりません。

 

強いて上げるとするならば、フックが細いことから掛かりは良いのですが、

サイズのあるシーバスがかかった場合は、フックが簡単に伸ばされる不安があります。

 

それでも、僕はVJ22で81cm、83cmのランカーを問題なくあげていますので

その点を理解して、タックルセッティングをしていけば何ら問題はないと考えます。

 

ルアーそのものの問題ではありませんが、現在、転売目的で買い占められており、

釣り具屋でVJを購入することは、ほぼ不可能です。

 

多くのアングラーが高値でも仕方なしに転売人からVJを購入している状況です。

 

かく言う、この私もVJを常に5つ以上は手元に置き、

ロストすると不安になり定価より高い値段で追加購入しているアングラーのひとりです(泣

 

■注意点

コアマンでは、常にワームを抜き差ししてスイムチェクと言っていますが、

抜き差しすることでワームがダメージを受け、非常に抜けやすくなりますのでやらない方が良いです。

 

経験上、一度しっかりと差し込めれば抜き差しする必要はありません。

ちなみに僕はアロンアルファを一滴たらして、少々のバイトでワームが抜けないよう固定してしまいます。

 

それでも充分に釣れますから。。。

 

■類似ルアー
ジョルティー

 

このルアーも僕が愛用するジグヘッドワームのひとつです。

サイズ、ウェイト、カラーバリエーションも豊富で、様々なシーンで使用できることが魅力なのですが、

 

冒頭でも述べた通り、

「他のジグヘッドワームと比較して、なんでこのルアーだけが、ここまで釣れるのか良くわからない」

 

■コアマンVJの総評

タックルボックスに備えておくことを強くお勧めいたします。

 

コアマンVJ

千葉市在住の中老、ゴルフもルアーも飛ばすの大好き。入れる釣れるは、二の次三の次。ルアー投げてると童心にかえる、ルアーフィッシング好きの方はぜひ絡んでください。シーバスメインに釣行記録を綴ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です